インフォメーション

2018-02-14 00:57:00

よるはこ島では、公式ゲームのルールにのっとって、1ゲーム最長90分とします。

時間制限を設けた場合のゲームの勝敗判定については改めて説明します。

 

初期確認事項について

 

  • 各自のコマの数を確認 街道15本、開拓地5つ、都市4つ
  • 資源カードを確認 鉱石・小麦・木材・レンガ・羊毛が各19枚
  • 発展カードを確認 騎士14枚、ポイント5枚、街道2枚、収穫2枚、独占2枚 計25枚
  • 地形タイルを確認 森林(4枚)畑(4枚)牧草地(4枚)丘陵(3枚)山地(3枚)砂漠(1枚)

 

ルール説明

 

島の土地に開拓地を建てて陣取り合戦を行い、

ポイントを獲得して10点になった人が島の支配者となります。

 

得点源は以下の通り。詳細は順を追って説明していきます。

 

  • 開拓地を建てる:開拓地1つあたり1点
  • 開拓地を都市化する:都市1つあたり2点
  • 得点カード:1枚当り1点
  • 5本以上、最も長い街道を作る(最長交易路/ロンゲスト):2点
  • 3回以上、最も多く騎士を使う(最大騎士力/ラージェスト):2点

 

初期配置について

 

まず、はじめに地形タイルが交差する角に最初の拠点となる開拓地(家)を立てます。

初戦での地形タイルおよび開拓地の配置は、初心者用の配置列を採用します。

それぞれ条件の異なるスタートとなりますが、どの色ではじめてもちゃんと勝てる配置列です。

2回目からは皆に自分で配置を決めてもらいます。

 

ゲームのステップについて

 

ゲームは時計回りに手番を回し、以下2つを繰り返しながら進めます。

 

  1. サイコロを振って資源が出る
  2. 得た資源や伏せカードを元に行動する

 

1.サイコロを振って資源が出る

 

開拓地からは、サイコロ次第で5種類の資源が手に入ります。

たとえば二つのサイコロの合計が6になったら、

6の土地のカドに開拓地を立てているプレイヤーは、その土地と同じ色の資源を手に入れることが出来ます。

 

  • 森林 → 木材(木)
  • 丘陵 → レンガ(土)
  • 畑 → 小麦(麦)
  • 牧草地 → 羊毛(羊)
  • 山地 → 鉱石(鉄)
  • 砂漠 →なし

 

また、サイコロには出やすい目と出にくい目があり、出やすい目の土地が有利です。

 

ただし、7が出た場合、盗賊が活動します。

盗賊が活動すると、8枚以上の資源を持つ人は資源を盗まれてしまい、

手持ちの資源の半分を失う事となります。いらないカードを選び、山札に捨てます。

8枚なら4枚、9枚なら4枚、10枚なら5枚を捨てて下さい。これを「バースト」と呼びます。

 

また、7を出した人は盗賊を動かすことができます。

盗賊を置いた土地に開拓地を持っているプレイヤーからババ抜き方式で1枚資源を奪うことができます。

 

さらに、盗賊が置かれた土地からは盗賊がいなくなるまで資源を受け取れなくなってしまいます。

 

2.得た資源や伏せカードを元に行動する

 

サイコロを振った後は、開拓地から獲得した資源を使ったりして、6つのことができます。

 

  • 道の建設
  • 開拓地の建設
  • 都市化する
  • 交換する
  • 発展する
  • 伏せカードを使う

 

道は、自分の建物や道につなげてつくることができます。

逆に、道をつながないと開拓地を作ることが出来ません。

 

開拓地は、地形タイルの交差する角に作ることが出来ますが、

すでに存在する開拓地や都市のある角の隣に作ることが出来ません。

必ず1マス以上開けて開拓地をつくります。

 

都市は開拓地をグレードアップさせたものです。

すでに作られた開拓地を置き換えて作ります。

都市は、ポイントが2点になるだけでなく、

サイコロの結果でもらえる資源の数が2枚になります。

 

さて、このゲームの最大の特徴は、資源の交換が自由に出来るというところです。

手に入る資源は必ず偏るように出来ています。

でも、開拓地や都市を立てるためには複数の種類の資源が必要になるので、足りない資源が出てきます。

 

  • 島内取引(プレイヤー同士の交換)
  • 海外取引(銀行や港での交換)

 

足りない資源はプレイヤー同士で交換することが出来ます。

この交換の時に会話をすることで、会話を通してゲームが盛り上がります。

手番のプレイヤーはどのプレイヤーとでも交換できます。

どの資源が欲しくて代わりにどの資源が出せるかを提案し、他のプレイヤーと交渉してカードを交換します。

他のプレイヤーが、そのターンのプレイヤーに交換の条件を提案して交渉することもできます。

ただし、自分のターンでないプレイヤー同士では交換できません。

交換の枚数は自由なので、2枚と1枚を交換するなど、交渉次第で有利にすることが出来ます。

 

誰も交換してくれない場合は、銀行(山札)で交換することも可能です。

同じ種類の資源を山札に4枚捨てると、欲しい資源を1枚もらえます。

ただし、この交換は最も不利な交換条件になります。

 

港に開拓地や都市を立てている場合は、もっと有利な交換が可能です。

3:1港では同じ資源を3枚捨てれば、欲しい資源を1枚もらえます。

2:1港では同じ資源を2枚捨てれば、決まった資源を1枚もらえます。

 

そして、みんなが大好きな発展。

発展はあらかじめシャッフルした山札から1枚のチャンスカードを引きます。

引いたカードは手札には加えずに伏せておきます。

獲得したカードは次の自分の手番が回ってきたら使うことが出来ます。

 

すでに伏せてある発展カードがある場合、1ターンに1枚だけ使うことが出来ます。

なお、カードに関しては、サイコロを振る前に使ってもかまいません。

発展カードは5種類です。

 

  • 騎士
  • 街道建設
  • 発見
  • 独占
  • ポイント

 

騎士は、好きな土地に盗賊を移動させることができます。

さらに盗賊が移動した土地に面して開拓地や都市がある人から

資源を1枚奪い、手札に加えます。複数いる場合は1人を選びます。

バーストは起こりません。

 

街道建設は、ただで道を2本つくることができます。

 

発見は、山札から好きなカードを2枚引くことが出来ます。

 

独占は、他のプレイヤー全員から指定のカードをすべて奪うことが出来ます。

たとえば木材を指定すると、木材を持っている人からすべての木材を奪うことが出来ます。

 

ポイントカードは、引いた時点で得点になります。

持っていることがばれないように、最後まで伏せておきます。

 

自分の手番が終わったら、次のプレイヤーにダイストレーを渡してください。

 

称号について

ポイントは開拓地、都市、ポイントカードのほかに、以下の称号からも得ることが出来ます。

 

  • 最長交易路(ロンゲスト)
  • 最大騎士力(ラージェスト)

 

「最長交易路」は道を一番長くつなげられたプレイヤーがもらえる称号です。

道の長さが一筆書きで5本以上になったら、

最長交易路のボーナスカードを受け取ります。

枝道は含みません。途中に他の人の開拓地や都市があってはいけません。

自分の開拓地や都市は大丈夫です。

他のプレイヤーがより長い道を作った場合、すぐに最長交易路の称号は奪われます。

 

「最大騎士力」は騎士を最も多く使用したプレイヤーがもらえる称号です。

騎士を最初に3枚出したプレイヤーは、最大騎士力のボーナスカードを受け取ります。

他のプレイヤーがより多く騎士を使った場合、すぐに最大騎士力の称号は奪われます。

 

勝利について

 

10ポイント獲得したプレイヤーが自分の手番で勝利宣言を行った時点で、

そのプレイヤーを勝者とし、ゲームは終了します。

勝利宣言は自分のターンでしかできません。

他の人のターンで自分のポイントが10ポイント以上になっていることに気付いたとしても、

自分のターンを待たなければいけません。

 

また、10ポイントのプレイヤーがいなくても、終了のタイマーが鳴った時点で、

一切のアクションを中断して判定に入ります。

時間切れになってしまった場合、順位判定を行います。ポイントの最も高い者を勝者とします。

同点の場合は、開拓地および都市の合計ポイントの多いプレイヤーが勝者とします。

それでも決しない場合は、開拓地の数⇒都市の数⇒街道の数の多さの順で優劣を判定します。

 

禁止行為やルールについて

 

  • 楽しく
  • 資源産出は相互確認
  • バースト確認は必須、嘘は禁止
  • 枚数確認はいつでも正直に
  • ダイスはケース内のみ有効
  • ロンゲスト複数は無効扱い
  • 無償譲渡禁止
  • 未来交渉禁止
  • 即時貿易禁止
  • 発展カードの即時使用禁止
  • 明らかな嘘禁止
  • トイレに行くのは仕方ないけど休憩中になるべく済ませて

 

メンバー全員で楽しんでプレイできるよう心がけてください。

 

資源の産出については、メンバー相互で確認しあってください。

資源の取り忘れが発覚した場合は、次の手番に移っていない限りは、遅れてカードを獲得することができます。

ただし、次の手番に移っていた場合はあきらめて下さい。

また、マナーとして、他のメンバーの取り忘れに気付いたら必ず教えてあげてください。

 

7が出たときは手札の枚数をお互いに言い合い、バーストの確認をしてください。

嘘をついてはいけません。

 

ゲーム中、他のプレイヤーの資源カードの枚数や伏せカードの枚数を、いつでも確認して構いません。

聞かれたプレイヤーは正確に答えてあげてください。もちろんカードの内容をいう必要はありません。

 

ダイスは完全にケースの底に接している場合のみ有効として、判定しづらい場合は振り直してください。

ダイスの中身がケースから飛び出した場合は振り直してください。

 

道の分断によりロンゲストが複数生じた場合はロンゲストを一時的に無効にします。

 

交渉時において、資源の無償の譲渡は禁止です。

木材1枚と木材2枚など、同じ種類の資源同士の交渉も行うことはできません。

また、「後で木材引いたらあげるから鉄ちょうだい」のような未来交渉も禁止です。

 

港を建設して即座に貿易をすることは禁止です。

引いたばかりの発展カードをそのターンで即座に使うことも禁止です。

 

「明らかな嘘をつくこと」は禁止です。

例えば資源カードを5枚持っているにも関わらず違う枚数を答えたり、

伏せカードの中身について虚偽のアピールをすることもNGです。

 

トイレなどのゲーム中の離席は控えてほしいです。

ただ、トイレについては長時間なのである程度はやむをえません。

トイレもひとつしかないので、休憩時間中に全員が済ませる事も難しいかもしれません。

ゲーム中に1人あたり1度くらい離席が発生することは、仕方ないと考えて下さい。

プレイヤーが離席した場合はいったんプレイを中断してください。

2018-02-09 13:47:00

第11回よるはこ村
~ひなまつり人狼会~

 

開催日時
2018年3月25日(日曜日)
10時開始~16時30分まで
(17時にはHaco撤収)
募集人数
13名~20名
料金
600円
場所
Haco 福岡市博多区住吉4丁目4-21
地図はこちら
人狼ゲームのルール
詳しくはこちら
今回の企画
「人形族/人形遣い族」を入れた人狼ゲームを楽しみたいと思います!
昼食
お昼ごはんは外出可。会場に持ち込みで食べるのもオッケーです!
参加方法
申込フォームはこちら
2018-02-01 11:21:00
16人村 人狼 人狼 神様 ハンター ハンター ハンター 占い師 ハンター 狂人 人狼 霊媒師 村人 騎士 ハンター ハンター ハンター
吟遊詩人
レイリー
薬草師
ヒンメル
劇団員
フーガ
菓子職人
ハーツ
旅役者
ヤヌス
修道士
フェニキア
酒屋
マギー
絵描き
クレア
天文学者
ゴート
配達員
アイコス
羊飼い
エーゼル
料理人
トウテツ
調査官
ブリッツ
交易商
スノウ
僧侶
ライオネル
調香師
ヒューレ
情報 霊媒CO ブリッツ銃殺 初日フェニキア白 エーゼル銃殺 アイコス銃殺
1日目
16人
処刑死 銃撃死 銃撃死 銃撃死 銃撃死 銃撃死 銃撃死 銃撃死
クレア襲撃 ヒンメル黒 襲撃死
2日目 処刑死
マギー襲撃 襲撃死
3日目 処刑死
ヤヌス襲撃 襲撃死
4日目
3人
処刑死
決着(4日目夕方) 生存 生存
結果 人狼勝利
成績 勝利20
騙り5
MVP10
勝利20 黒占い5 脅威5 勝利20

※ハンターは死ぬと誰かを銃殺する

※神様は銃殺されれば勝利

  • 勝利ポイント20
  • 生存ポイント今回はなし
  • 騙りポイント5
  • 護衛ポイントGJ×5
  • 疑われポイント対抗より先に処刑で-5
  • 黒占いポイント狼占い×5
  • 脅威ポイント初日噛みの対象で5
  • MVPポイントGMが選出で10
1